ひとりでハナログ

独立したい花屋の中の人のブログです。 花のある生活を送る全ての方へ、美しい写真と共にお花やグリーンついて紹介していきます。花屋ブロガーとしてさまざまな情報を発信していきます。

【暑さに強い切花】クルクマってどんな花??種類は?時期はいつ??

クルクマの時期は?種類は?

こんにちは!
気温も高くなりすっかり夏ですね!!

今回は、夏の旬の花『クルクマ』についてのご紹介です。
クルクマの種類や、時期、管理方法などを詳しくご紹介していきます〜

 

当記事はこんな方におすすめです↓

  • 花のある暮らしを始めた
  • 夏でも長持ちする花を知りたい
  • 涼しげな花を飾りたい

 

クルクマってどんな花??

クルクマ メージョージャスミン

科:ショウガ科
属:ウコン属
原産地:熱帯アジア、アフリカ、オーストラリア
出回り時期:6月〜9月初旬
手に入れやすさ:★★★★★

クルクマは夏を代表する花です。

原産地が暑い地域であるだけあって、とても暑さにつよい花です。
暑くてお花があまりもたない夏でも、比較的長く楽しめるお花です。

また、透け感のある花姿のものが多く、涼しげな印象です。色はピンク、白、グリーン等があります。

 

クルクマは〇〇の仲間

科と属ですでにおわかりかと思いますが、ウコンの仲間です。

観賞用として栽培されたものを『クルクマ』と呼び、食用、薬用として栽培されたものを『ウコン』(英名:ターメリック)と呼びます。

根茎(根の茎部分)が黄色く、この部分がじつはターメリックです。カレーには欠かせないあのスパイスが、実はクルクマの根茎だったのです。

 

豆知識
海外では、ターメリックを『クルクマ』と表記して販売していることもあります。

 

クルクマの花はどれ?

白やピンクのお花のように見える部分は『苞葉』と呼ばれ、葉の一部です。

花はどれかというと、、、


苞葉の間に小さく隠れているものです!!

クルクマのお花

苞葉の間に紫のお花が!!

この紫色のものが、お花です。
かわいいですね〜✨

ちなみに欧米では、その花姿から
『サイアムチューリップ』
(siam tulip =タイのチューリップ)とも呼ばれています。クルクマの品種には『チェンマイスノー』など、タイの地名が名前に入っているものもあります。

クルクマの価格は??

頭の大きさや長さによって価格は変わってきますが、250〜500円前後です。特殊なタイプは500〜800円前後することも。

だいたいの目安はこちら

  • 小輪タイプ250〜300円前後
  • 普通タイプ300〜400円前後
  • 大輪タイプ400〜500円前後
  • 特殊タイプ500〜600円前後

※特殊タイプとは、後程説明するレッドジンジャーなどです。

クルクマの管理方法は??

クルクマは浅水でいけ、湿度を好むので苞葉の部分に霧吹きで水を与えると良いです。
また苞葉の間に隠れている花が終わってしまっても、苞葉の部分は長持ちしますので、長くたのしめます。

 

クルクマの種類を一挙公開

たくさんの品種があるクルクマですが、代表的な品種をご紹介します。

 

定番の白系

白系のクルクマは透明感があり、とても涼しげなので、夏におすすめの花です。

代表的な品種は、メージョージャスミン、ホワイトカップなどです。

クルクマ メージョージャスミン
クルクマ ホワイトカップ
左から『メージョージャスミン』、『ホワイトカップ』

白いクルクマの中でも特にオススメなのがこちら!↓

『チェンマイスノー』です!

クルクマ チェンマイスノー

チェンマイスノー

真っ白な苞にライトグリーンの筋が少しだけ入ったクルクマ。
他のクルクマに比べてやや大きめです。その為、値段は400〜500位とやや高めですがとても美しいクルクマです。

 

おとなかわいいピンク系

ピンク系でも、濃いめの色の品種と淡い色の品種があります。濃い色や、茶色の斑点が入っている品種は大人なイメージがあります。

代表的な品種はエターナルピンク、ロレーナピンク、サイアムシルクなど。

クルクマ『エターナルピンク』
クルクマ『ロレーナピンク』
左から『エターナルピンク』『ロレーナピンク』
クルクマ オールドローズ
クルクマ アロマ
左から『オールドローズ』、『アロマ』
クルクマ サイアムシルク
クルクマ シャローム
左から『サイアムシルク』、『シャローム』



ワイルドな印象のグリーン系

グリーン系のクルクマは、ジャングルを思わせるようなかっこいい品種が多いです。
男性用のギフトなどに人気です。
エメラルドチョコゼブラなどが代表的な品種です。

クルクマ エメラルドチョコゼブラ

エメラルドチョコゼブラ

 

可愛らしい小輪系

こちらの品種は比較的に丈がみじかい場合や、頭が小さいタイプのクルクマです。
プーディンプリンセスは生産量も多く、お花屋さんによく出回っている品種です。

クルクマ『プーディンプリンセス』
クルクマ『チェリープリンセスデーン』
左から『プーディンプリンセス』『チェリープリンセスデーン』

クルクマ パルビフローラ

パルビフローラ

その他、変わり種品種

クルクマの中には、普通のクルクマよりも大きく迫力のあるものが存在します。


それがこちら!!

クルクマ レッドジンジャー
レッドジンジャー

クルクマ ボニチャーピンク

ボニチャーピンク

 

ボニチャーピンクと、レッドジンジャーです。

まるでなにかの生き物かのような迫力です。。
希少品種なので、お花屋さんで見つけたらラッキーです。

 

おまけ:クルクマと相性の良いグリーンは??

クルクマは透明感と涼感があるのと、ややワイルドな印象もあるので、同じ印象のグリーンと相性GOODです◎

タバリアファン、アスパラ、エメラルドグリーン、ヤマゴボウなどがおすすめです。

タバリアファン
アスパラペラ
左から『タバリアファン』『アスパラペラ』
エメラルドグリーン
ヤマゴボウ
左から『エメラルドグリーン』『ヤマゴボウ』

いかがでしたか??

様々なクルクマと出会いたくなってきたら、お花屋さんにのぞきに行ってみましょう!!

 

最後までご覧頂きありがとうございました😊

 

夏でもお花を長持ちさせる方法はこちら↓

合わせて読みたいsea-0322.com

 

夏の長持ち切花、『モカラ』もオススメです↓

合わせて読みたいsea-0322.com

 

よかったらインスタも遊びに来てください♪

インスタ👇

http://instagram.com/sea