ひとりでハナログ

花屋の中の人のブログです。 花のある生活を送る全ての方へ、美しい写真と共にお花やグリーンついて紹介していきます。花屋ブロガーとしてさまざまな情報を発信していきます。

\定期的にお花が届く!人気のお花のサブスクを始めよう!/

HitoHana お花の定期便 Bloomee LIFE 【&flowerのお花の定期便】 【花の定期便(タスハナ)】

----当ブログではアフィリエイト広告を利用しています----

花のサブスク特徴と感想、自分にピッタリな選び方は?現役花屋がご紹介!

花のサブスク 特徴と感想 自分に自分にピッタリな選び方

こんにちは。本日は花のサブスクについてのご紹介です。

近年、様々なサブスクが登場していますが、花のサブスクも人気急上昇中です。たくさんの花のサブスクが続々登場し、どれにしようか迷ってしまいますね。

今回は現役花屋である私が実際にとってみた3社のサブスクの特徴と感想をご紹介していきます。また、他のサブスクの特徴もまとめてみたので、自分にピッタリな花のサブスクを見つけて下さいね。

 

当記事はこんな方にオススメ↓

  • 花のサブスクをやろうか迷っている
  • どの花のサブスクが良いかわからない
  • 近くにおしゃれなお花屋さんがない

花のサブスクとは??

花のサブスクとは?

定期的にお花を届けてくれるサービス。簡単に花のある生活を取り入れることができるので、花を常に飾りたい方にオススメです。

 

サブスク選びのポイント

では、自分にあった花のサブスクはどれでしょうか?選ぶ際のポイントをまとめました。以下の点をチェックしてみましょう。

  • 価格
  • 配送方法
  • 配送日程、間隔
  • 花の種類やデザイン性

 

価格

花のサブスクの選び方

手軽に花を飾りたいのか、それともボリューム良く飾りたいのかにより価格も変わります。各社様々なコースがあるので、自分に合った価格帯のものを選びましょう。送料も忘れずチェックを。

 

配送方法

花のサブスクの選び方

ポスト投函か宅配便の2種類があります。

 

ポスト投函

留守にしていても、お花が届くので仕事で忙しく家にあまりいないという方でも受け取れます。丈が短く、本数が少なめなので、ちょこっと花を飾りたい方にオススメ。

 

宅配便

お花が安全に綺麗な状態で届きます。また、クール便に対応しているサブスクもあるので、夏でも安心。ポスト投函よりもボリュームがあるのが魅力。

 

配送日程、間隔

長期で不在にする場合や、花の持ちが良く、まだ花が必要ではない場合など、配送日程を変更できるサービスがあると便利です。また毎週、2週に一回など、お届け間隔が選べるかどうかも重要です。

 

花の種類、デザイン性

花のサブスクの選び方

届く花のセンスはサブスクごとに異なります。分かりやすい可愛らしい花、珍しい花、草花、どんな花が届くのか、花合わせがおしゃれなのか、自分のセンスと合うサブスクを選びましょう。

 

花のサブスク比較!実際にとってみた!

それでは、比較していきましょう。6社のサブスクをご紹介していきますが、その中の3社と提携してみたので、その感想も踏まえてご紹介します。

まずは実際にとってみたサブスクからご紹介していきます。

 

花のサブスク会員数No.1!Bloome(ブルーミー)

配送方法:ポスト投函、(リッチプランのみ宅配便)
コース:体験550円、レギュラー880円、リッチ1980円 +送料300〜500円
配送頻度:毎週か隔週(4回目以降、頻度変更可能)、宅配は日付指定可

ブルーミーは言わずと知れた花のサブスクです。それもそのはず、会員数No.1を誇ります。複数の花屋さんから届く仕組み。ポスト投函でも花がぶつからない構造のパッケージを採用しています。また、専用アプリで花が届いた後のケア方法が見れます。

 

実際届いた花の内容

私がとったのは体験プラン。届いたのはカスミソウ、ニゲラ、デルフィニウムにグリーンの小さな草花のブーケでした。

かわいらしい花合わせで、鮮度に関しては良くも悪くもない感じでした。

配送パッケージも簡易的ではありましたが、お花も潰れる事なく無事届きました。

内容は定番の花が多く、万人受けするような印象です。鮮度も普通ですが、550円でしたら満足!

低価格で気軽に始められるので、お花初心者の方や、とりあえず花のある生活をスタートしてみたい方に特にオススメ。

\\公式サイトはこちら//

Bloomee LIFE

 

カラー選択可能が魅力!HitoHana(ひとはな)

配送方法:宅配便
コース:Lite1320円、S1980円、M2640円、L3850円、 LL4950(送料無料)
配送頻度:毎週、10日、2週、4週

花のサブスクでは珍しいカラー選択ができるのが最大の魅力。カラーはお任せの他6色から選べます。梱包は軽い素材のダンボールですが、宅配便なので安全に届きます。初回はベースプレゼントという嬉しい特典あり。そしてなんと送料が無料!

 

実際届いた花の内容

私がとったのはSコースで、この回はネイティブフラワーがテーマでした。

ピンクッション、ワックスフラワー、スターチスなど、5本とグリーン1種で、センスの良い花合わせでした。

ボリュームに関しては値段相応の印象でしたが、これで送料が無料なのはかなりお得!花持ちもよかったです。
花カード付きなのですが、これがまた可愛い。

更にメールで次回配送予定の花の告知や、豆知識の情報が送られてきて、お花に詳しくなくても安心できそうです。自分の気分に合わせて色味を選択したい方や少し変わったお花も楽しみたい方など、お花中級者にオススメです。

\\公式サイトはこちら//

HitoHana お花の定期便

 

鮮度とセンスが魅力。青山フラワーマーケット

配送方法:宅配便
コース:シンプル990円、SS1485円、S2200円、M3850円、L5500円 その他コースあり
(送料はシンプルコース、SSコースのみ500円  S他は地域による)
配送頻度:毎週、隔週、10日、3週 月一(コースによる)

全国120店舗、パリ、ロンドンにも店舗を構える青山フラワーマーケットの花のサブスク。

フローリストが目利きした季節の花と相性の良い草花やグリーンが届きます。上記のコース以外にシーズンコース、お供えコース、ライフコースなど、コースが豊富なのも魅力。

届いた花の品種、品目やいけ方、豆知識などの理解が深まる解説カード付き。

 

実際に届いた花について

Sコースをとり、この回はバラ、スカビオサ、アストランティア、バジルなど、合計7本で、モーブピンクのようなアンティークカラーでした。

フローリストが選んだ花というだけあり、さすがのセンスでおしゃれ!花と草花の合わせのバランスも◎。また、届いてから2〜3週間もつ花もあり、とった3社の中で1番鮮度が良い印象でした。解説カードもシンプルでおしゃれ。

どんな花が届くのかは選べませんが、いけ方の紹介などをインスタグラムで紹介されているので、今週の花はこんな感じかな?と参考になります。

また、お供え花コースや3種類の束のセットコースもあり、他にはないサービスだなと思いました。

ただ、花のボリュームに対する価格と、送料が高いのがネック。ですが、花の鮮度と花もちを考え、総合的に考えると満足できるサブスク。センスの良い花合わせがよい方、バランスよく花を飾りたい方など、お花上級者向けだと思います。

\\公式サイトはこちら//

青山フラワーマーケットのお花の定期便

 

その他のおすすめの花のサブスク

その他にも個人的にいいなと思ったサブスクがこちら↓

 

ロスフラワーに着目。タスハナ

配送方法:ポスト投函
コース:+act for flower 528円 +live for flower770円 送料330
配送頻度:隔週、月一

元気なのに色や形が揃っていないものや試作品種など、行き先を失った花が届くという環境に優しいサブスク。提携するだけで花農家さんの支援にも繋がります。試作品種も入る事もあり、新しい花との出会いがあるかもしれません。市場直送も魅力。

\\公式サイトはこちら//

【花の定期便(タスハナ)】

 

生活に合わせて花が届く。&フラワー

配送方法:ポスト投函
コース:1コースのみ880円 送料385
配送頻度:毎週、隔週、月一

自宅の近くの花屋から花が届くサブスク。気に入った花屋から購入でき、自分に合った花が届きます。また到着日も毎週、隔週、月一、平日、週末などを組み合わせて選べるので、仕事で忙しくあまり家にいない方にオススメ。

\\公式サイトはこちら//

【&flowerのお花の定期便】

 

鮮度が魅力。LIFT

配送方法:宅配便
コース:スタンダード3300円、ライト1480
配送頻度:コース、花の内容により間隔選択可

信頼できる提携農園から採花したての花が届きます。新鮮な花本来の魅力が楽しめるサブスク。花本来の長さのまま届くので、色々な楽しみ方ができます。(ライトプランは短め)

花合わせもおしゃれで感度が良い印象。

お花のケア方法、コラムなど情報満載な読み物『ジャーナル』つきで、花のある暮らしを丁寧に楽しみたい方にオススメ。

 

以上です。

自分に合ったサブスクは見つかりましたか??ぜひ花のサブスクを活用して花のある暮らしを送ってみましょう♩

最後までご覧頂きありがとうございます。

Follow Me

 

こちらもオススメ↓

合わせて読みたいsea-0322.com

 

合わせて読みたいsea-0322.com

 

合わせて読みたいsea-0322.com